K14gf,K10,K18などの素材についての説明

ever.天然石のハンドメイド アクセサリー通販
  1. HOME
  2. 使用素材について

使用している素材について

お求めやすくアレルギーのおこしにくいK14gfや、
定番素材のK10K18を中心に、ご希望があればシルバー、プラチナも使って制作しております。
(安価なメッキ製品は、アレルギーを引き起こしますし見た目もよくないため、極力避けています)


※ご質問の多い「K10とK18の違い」については、下記のページで詳しく説明しています。
 ↓↓↓
『K10とK18の違いって?』

K14gf(14金ゴールドフィルド)

『たくさんのアクセサリーが欲しいけど、そこまでお金はかけられないし、、、
 安っぽすぎるものも買いたくない!』という方に一番のオススメ素材です。


金メッキより何十倍もの厚みのある14金の層で覆われた、14金ゴールドフィルドと呼ばれる素材です。
メッキよりも変色しにくいので、比較的長い間お楽しみいただける素材です。
(金具の溶接部分など、一部変色しやすい個所はあります。)


(※定義・・・主に真鍮などの金属を芯として、総重量の20分の1にあたる5%以上の14金をコーティングした素材)

見た目にそこそこの高級感があり、またリーズナブルなので手軽に金製品を楽しみたい方向けです。
アメリカでは昔からポピュラーな高級素材であり、金高騰の今は日本でも取り扱うショップが増えています。

表面は14金ですので、アレルギーのある方でも比較的安心してお使いいただけます。
(※すべての方にアレルギーが出ない訳ではありません。)


【K14gfを使ってみた店主の感想】

◆見た目◆
安価なメッキ素材よりはもちろん高級感があります。
特にワイヤーで仕立てたアクセサリーは、K10やK18と比較してもわからないくらいの高級感があります。

1つだけ残念なところは、K10やK18に比べると、チェーンがいまいちです。
キラキラ感や上質感は悪くはないのですが、そこそこのレベルなので、
普段K10・K18ジュエリーを使っている方は残念に思うかもしれません。
(K14gfの軽い着け心地の方が好きとおっしゃる方もいらっしゃいます^^)

◆変色◆
変色しないとうたうお店が多いですが、実際に使ってみると変色はあります。
いろんな仕入れ先を試してみましたが全て同じ結果でした。

●ワイヤーはあまり変色しないので、ワイヤーのみのアクセサリーは非常にオススメです♪

●引輪などの金具は短期間で黒っぽく変色します。

●チェーンは毎日使用するお客様でも2年弱くらいは変色せず使えることが多いですが、
 汗をかいた後何もせず放っておいた時など、
 お手入れ状況によっては半年で変色する方がいらっしゃったこともありました。

●全く使用しなければ、よっぽど環境が悪くない限りは変色しないので、
 毎日違うアクセサリーをつけたい方向きの素材です。
 ずっと同じアクセを愛用したいというお客様には、K14gfは不向きだと思います。

◆お手入れ方法◆
汗をかいた後や、黒ずみが気になってきたら、お手入れサインです。
台所用の中性洗剤を混ぜたぬるま湯で洗って頂くと、みちがえるようにキレイになります。
(研磨剤の入った磨きクロスは、表面の14金を削る行為になりますので使用しないでください。)

※洗ったあとは濡れたままにせず、ドライヤーを遠くからあててよく乾かしてください。
※パール、珊瑚、オパール、ターコイズなどの石は、洗剤を直接かけない方が安心です。

K10(10金)

『一生使える素材が一番だけど、少しでもリーズナブルな方がいい。。。』
 そんな方へのオススメ素材。


全体の42%が金です。残りの58%には銀・銅などが配合されています。


金の高騰が続く中、K18よりリーズナブルな素材として取り扱うショップが増えています。
当店のK10は、K18より若干淡い黄色(レモンイエロー)をしています。
高級感は全く遜色ありません。

K18よりは変色しやすいですが、磨き直せば新品同様になりますので、
一生もののアクセサリーとしてお使いいただけます。

※こちらもご参考に:『K10とK18の違いって?』


◆お手入れ方法◆
基本的にはK14gfと同じお手入れ方法で大丈夫です。
汗をかいたり黒ずみが気になった時には、台所用の中性洗剤を使って洗ってあげてください。
変色しにくい素材ではありますが、使用状況によっては変色する可能性もあります。
洗っても落ちない場合は、磨きクロスで拭いてあげると輝きが戻ります。

K18(18金)

やっぱり18金が一番嬉しいですよね^^
日本人の肌によく似合い、何より暖かみのある色合いがとてもキレイで素敵。
アレルギーも起こしにくい安心素材です。


全体の75%が金です。残りの25%はに銀・銅が配合されています。


100%の金(24金)だと非常に柔らかく変形してしまう為、銀や銅などを混ぜて強度を出しています。

あたたかみのある金の色合いが本当に綺麗で、
アレルギーを起こしにくく、また変色にも強いので、日本では昔から18金が一般的に使用されてきました。
ご予算が許すならば、やっぱり一番のオススメ素材です♪


※ピンクゴールドやホワイトゴールドは、銀と銅の配分を変えたり、
その他のパラジウムなどの金属を配合して、れぞれの色を出しています。

◆お手入れ方法◆
基本的にはK14gfと同じお手入れ方法で大丈夫です。
汗をかいたり黒ずみが気になった時には、台所用の中性洗剤を使って洗ってあげてください。
変色しにくい素材ではありますが、使用状況によっては変色する可能性もあります。
洗っても落ちない場合は、磨きクロスで拭いてあげると輝きが戻ります。

SV(シルバー)

シルバーは制作上の理由から、2種類使用しています。

●SV950:全体の95%が銀。残り5%は銅が含まれています。
●SV925:全体の92.5%が銀。残り7.5%は銅が含まれています。スターリングシルバーとも呼ばれます。
(100%の銀だと非常に柔らかく変形してしまう為、銅をまぜて強度を高めています。)

◆お手入れ方法◆
毎日つけっぱなしにしていると、衣服で磨かれるので黒く変色しません。

空気中に放置しておくと徐々に黒く変色(「硫化」と呼ばれる現象)していきますので、
使用しない時はジップ付きのビニール袋などに入れて保管してください。

黒くなってしまった場合は磨きクロスで磨くと輝きが戻ります。 

※変色防止の為に最終仕上げでロジウムメッキをかけることがあります。
 メッキをかけたシルバーには、磨きクロスを使用しないでください。