1. HOME
  2. K18とK10の違いについて

K18とK10の違いって?

『K18とK10の違いって何ですか??』
お客様からよく聞かれるのが、この質問です。
よっぽどアクセサリーが好きな方じゃないと、詳しい所まではよくわからないですよね。

どちらにも良い面があるので、いろいろ比較してみました。参考になれば幸いです^^

①金の含まれている量

K18の方が、より多くの金を含んでいます。

・K18(18金)⇒ 全体の約75%が金です。
・K10(10金)⇒ 全体の約42%が金です。

※上記は重量の割合です。金は比重が重いため体積自体はもっと少ないです。


【金以外に配合されている金属について】
金以外の残りの金属は、一般的には「銀と銅」が混ぜられています。
(割金と呼ばれます。)

銅の割合を多くすればピンクゴールドになったりと、
その配分によって色味を変える事ができます。


ホワイトゴールドは主に「パラジウム」を配合するのが一般的ですが、
それでも完全な白にはならない為、
上から「ロジウムメッキ」をかけてシルバーの色にしています。
(メッキはいずれはげますので、使っているうちに黄ばんできます。
※詳しくはこちらを参照⇒ ホワイトゴールドには注意!

割金については、明確な規定がない為、
会社やメーカーによっては、その他の金属を含むこともあります。
それぞれ必要量の金が入っていれば、残りの金属に何が含まれていてもK18やK10と呼ばれます。


②価格・価値

K18の方が含まれる金の量が多いので、K18の方が値段が高いし、価値もあります。

「じゃあ純金が一番なのでは??」と思うところなのですが、
純金だと柔らかすぎてすぐ変形してしまいます。
そのため装飾品には向かないので、日本では昔からK18が一般的な金素材として扱われています。

色味も黄色すぎず、淡すぎず、とても綺麗な色合いです。

金が高騰しすぎて、K18製品が以前より売れなくなってきた事を背景に、
K10はリーズナブルで高級感のある素材として、近年扱うお店が増えるようになりました。
(2017年6月現在、金は1g当たり5,000円弱です。本当に高くて仕入れが大変です^^;)


③見た目・色合い

見た目の高級感に関して言えば、K18とK10では全く変わりありません。
どちらもキラキラと輝き、とても美しい素材です。

何が違うかと言えば、色味が少し違います。

下記写真は、ever.で使用しているK10とK18です。
(会社によって色が違いますので、あくまでも参考程度に。。。)
※パソコンやお使いのモニターによって色が違って見えることがあります。

◆K10(写真中央)
K18と比べると淡い黄色です。レモンイエローのような、スッキリとした爽やかな印象です。

◆K18(写真右側)
日本人の肌に良く似合う、あたたみのある金色です。
年齢を問わず幅広く好まれる色合いで、とてもキレイ。
私も一番大好きな色合いです♪

「どちらがいい色なの?」
これは好みの問題になりますので、
比較して好きだなーと思う方を選んで頂ければと思います。

私はK18の色が大好きです♪♪♪
あたたかみがあって、肌が生き生きとキレイに見えて、とても可愛い色だと思っています^^

反対に「K10の爽やかな色が好き!」とおっしゃる方も、もちろんいらっしゃいます。


④変形しにくさ

K10の方が変形しにくく硬い素材です。
そのため、極細リングなどの華奢なアクセサリーには、「K10」をオススメしております。

また「硬い=傷つきにくい」ので、K10の方が傷がつきにくいです。

ただ、1点気を付けたいのが、硬すぎる素材は加工しにくく割れやすくなるという点です。
特に10金のピンクゴールドは、非常に硬い素材なので、
リングのサイズ直しを断られる場合があるとよく聞きます。
購入する際には、事前にそのお店で確認する事をお勧めいたします。
(当店の10金製品は、サイズ直しが可能ですのでご安心ください^^)

「じゃあK18は柔らかいのか?」というと、そんな事はなく、
シルバーやプラチナに比べれば、かなり硬い素材です。
華奢ではないリングを購入するのであれば、変形を気にする必要はありません。


⑤変色

同じ環境下に置いた場合、K18の方が変色しにくいです。

K10の購入を迷っている方は、変色を気にされている方が多いですよね。
でも、私がよく使っているK10のアクセサリーは、10年ほど経った今も変色していません。
(お手入れもせず放置してしまったものは変色していました^^;)


長年金製品を扱ってきて思うことは、
大事なのはK10かK18かという素材よりも、
「使い方・お手入れ・保管方法」なんだという事です!!!


ずっと身に着けている場合は、お手入れしなくても滅多に変色しません。
でも、時々しか使わない場合は、以下のことに気を付けてくださいm(_ _)m

汗をかいたり、べとべとした手で触った時は、必ず拭いたり洗ったりしてあげる事。
そして直射日光にあたる所や、湿気の多い場所には放置しない事が大切です。
石がついていないアクセサリーは、一緒にお風呂に入ってあげてもいいと思います♪
(引っかけないようにご注意ください。)

汗っかきの方は、使ったあと何もせず放置してしまうと、
18金でも変色してしまう事もありますので気を付けてくださいね^^;

それから、ピンクゴールドは変色しやすく、
ホワイトゴールドはメッキの色なので、使っているうちにメッキがはげて黄ばんできます。
メンテナンス費用のかかりにくい「イエローゴールド」が、一番おすすめできる素材です。

たとえ変色したとしても、磨き直せば、K10もK18も新品同様の輝きが戻ります^^
(当店でお買い上げくださった商品は、変色の磨き直しはいつでも無料で承っております。)


⑥アレルギー

金の純度が高い為、K18の方がアレルギーを起こしにくいと言われています。
肌の弱い方はK18の方が安心ですね^^

※何にアレルギーが出るのかは人それぞれです。
まれに金がダメという方もいらっしゃいますので、一般的な意見だと思っていただければ幸いです。

※銀や銅にアレルギーがある方は、K18でもかぶれますのでご注意ください。
(アレルギーを特定したい方は、病院で金属アレルギーのテストを受けることをお勧めします。)

私の場合は、リングやブレスレットはK10でも大丈夫ですが、
ネックレスだけはK18じゃないとアレルギーが出てしまいます;;
調べたり友達に聞いてみると、同じように首回りはアレルギー反応が出やすいという方が多かったです。

また、汗をかきやすい時期にずっとつけっぱなしにしていると、
アレルギーになってしまう可能性があるので要注意ですー!


結局どっちがいいの?

悩むところですが、
皆さまそれぞれの価値観によるところが大きいのかなと思います^^

【K18がオススメな方】
・1つのものを大切に使うことが好きな方。
・お守りとして長く大事にしたい方。
・大切な方へのプレゼントにしたい、相手がずっと持っていてくれたら嬉しいと思う方。
・いずれはお子様にあげたいと考えてらっしゃる方。
・アレルギーがある方、肌が弱くて心配な方。
・汗っかきな方。
・こまめなお手入れが苦手な方。
・「18金の方が嬉しい!」と、テンションがあがる方♪
・あたたかい色味が好きな方。
・優しい印象を出したい方。

【K10がオススメな方】
・高級感があれば素材は気にならない方。
・少しでも費用を抑えたい方。
・色んなアクセサリーを楽しみたい方。
・極細幅のリングなど、華奢なアクセサリーが好きな方。
・気を使うことなくガンガン使い倒したい方。
・クールな色味の方が好きな方。

昔はK10のアクセサリーって、どこも扱ってなかったですよね。
金の高騰により価格を抑えるためにK10が扱われるようになり、
なるべくお求めやすい製品を出そうと、K14gfという素材までよく見かけるようになってきました。

でも、K18は定番で王道ですし、「K10って何それ?金なの?」って方も時々いらっしゃいますので、
もし私が男性だったら、彼女にプレゼントするならK18を選ぶだろうな~と思います。
(18金のアクセサリーを頂くと、正直かなりテンションあがります(笑)いや、何でも嬉しいのですが。。。^^;)

友達からK18アクセをもらうのは、何か特別なことがない限り、ちょっと気を使うかも、、、
お返ししなきゃ;;って頭ぐるぐる悩ませそうです^^;


自分でデイリー使いで楽しむ分には、アレルギーがないならK10でも十分かなと思います^^
高級感は全く違いがありません♪
それにアクセサリーは気を付けててもなくしちゃう事もあるし、飽きることもありますし、、、(笑)

ずっと使えるデザインのものを買う、
そして、気合いを入れてお守りとして買う時だけは、
K18を選んで奮発するくらいが、賢い方法なのかもしれません♪




私の場合は、20代のころは「安っぽいのは嫌だけど少しでも安いものを」と、K10ばかり使ってました。
予算を抑えて色んなアクセサリーを集めて、今日はどれを着けようかと悩むのが、とっても楽しかったです(笑)

でも、30代半ばに差し掛かるくらいから、
たくさんのアクセサリーを持つよりも、1つ、惚れ込んだ質のいいものを大事に大事に使うことで、
こんなに幸せな気持ちになれるんだと気づきまして。。。
それ以来、K18を選ぶようになりました。

目移りせず芯のある女性に見えるような気がして、
そんな女性像への憧れもあるのかもしれません(笑)


皆さまそれぞれの考え方で選んでOKだと思います!
アクセサリー選びのお役に立てば幸いです☆