オパール-opal-の意味

ever.天然石のハンドメイド アクセサリー通販
  1. HOME
  2. 天然石が持つ意味・ものがたり
  3. オパール-opal-

オパール-opal-の意味(10月の誕生石)

オパール 明るいエネルギーに満ちた「希望の石」


数ある石の中でも非常に明るいエネルギ―を持ち、生きる意欲を与え、常にプラス思考を意識させてくれるため、
「希望の石」や「幸運の石」と呼ばれています。

人生の暗闇に希望をもたらすような明るいエネルギーに満ちた石であり、
憂うつを払い、何事にも囚われない柔軟さや、
周りに左右されない自分自身の核を作ることを、助けてくれる石でもあります。

創造性を高め、内面の隠れた才能を引き出す力に優れているため、
アーティストなど、クリエイティブな仕事をしている方には特にオススメの石です。

◆ピンクオパール◆
可愛らしいミルキーカラーのピンクオパールは、女性の内面的な美しさを引き出す作用があり、同時に秘められたカリスマ性を発揮できるようになるとも言われています。
別名「キューピッドストーン」とも呼ばれ、新しい出会いを呼び寄せ、 縁を結ぶパワーストーンとして人気のある石です。


石のものがたり・言いつたえ

オパールの語源は数説ありますが、サンスクリット語で宝石を意味する「Upala(ウパラ)」だと言われています。

古代ローマではオパールは聖なる宝石とみなされ、
神の石と幸せを招く「キューピッドストーン(天使の石)」と呼んで愛されていました。

また、古代エジプトやバビロンでは光と水のお守り、
そしてギリシャ時代には、未来を予知する宝石とされて崇められたそうです。


こんな方にオススメ!

・幸運を呼び込みたい方に。
・いつもプラス思考でいたい方に。
・人生に希望と喜びが欲しい時に。
・憂うつを追い払いたい時に。
・創造性を高めたい方に。
・内面の才能を引き出したい欲しい時に。


注意点

硬度が低く、とても割れやすくて繊細な石なので、取り扱いに十分な注意が必要です。

宝石の中で唯一、水分を含んでいる石です。
そのため、冷暖房などの風があたる場所に置きっぱなしにしたりして極度の乾燥状態にさらされると、
割れたりヒビが入る恐れがあります。
熱にも弱いので、料理やお風呂の際は必ずはずしましょう。

とても傷付きやすいので、気づかぬうちにぶつけやすい指輪やブレスレットなどには向かない石です。
日常使いを避けるか、ピアスやネックレスに仕立てる方がオススメです。


その他

オパールは大雑把に言うと2つの種類に分かれ、
虹色に輝く「プレシャスオパール」と、虹色が出ない「コモンオパール」に分類されます。
(この虹色のきらめきの事を「遊色効果(ゆうしょくこうか)」と呼びます。)

遊色効果のあるプレシャスオパールの方が高価になりますが、コモンオパールも素敵な石ですよ♪

左が女の子受け抜群の「ピンクオパール」、右が個人的に大好きな(笑)「ブルーオパール」です^^
(どちらも遊色効果を持たないコモンオパールです。)
ピンクオパール  ブルーオパール


日本人はとてもオパールが大好きな国民だそうで、採掘されるオパールの多くが日本に輸入されているそうです。

それも納得で、特にプレシャスオパールに興味を持ち始めると、 世界でたった1粒を実感できる、その特別感も相まって、遊色効果の素晴らしさにのめり込んでしまいます。。。!

ぜひ、見惚れるほどのお気に入りの1粒を、見つけて欲しい石です^^


当店で扱っているオパール